抗うつ剤の一種であるSSRIについて詳しく解説します

抗うつ剤について

抗うつ剤について

ジェイゾロフトは医薬品の中でも抗うつ剤という種類の医薬品に属しています。 そして抗うつ剤と呼ばれる種類の医薬品には非常に多くの医薬品が存在しており、その中にジェイゾロフトの属するSSRIというカテゴリがあります。

抗うつ剤という医薬品について説明をすると、この医薬品は精神的な落ち込みや希死念慮など、うつ病を始めとする希死念慮の治療に用いられる医薬品です。抗うつ剤を使用して治療できる症状には非常に多くのものがあり、うつ病だけではなく不安障害の中でも全般性不安障害やパニック障害、社交不安障害、強迫性障害、PTSDといった症状の解消をする際にも、この抗うつ剤という医薬品は使用されています。

SSRIとは

SSRIは正式名称をSelective Serotonin Reuptake Inhibitorsと呼び、日本語では「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と呼びます。

SSRIは抗うつ剤の一種で、人間の脳の中で分泌されるセロトニンが脳に対して再吸収されてしまうのを抑制する働きがあります。セロトニンは気分の落ち込みや高揚、睡眠、血圧、食欲などの欲求といった、非常に多くの要素に対して作用する物質です。そのため、セロトニンの分泌に対して何かしらの異常が発生し、体内のセロトニン量が低下した状態になり、長期間その状態が持続するとうつ病などの症状が現れるようになります。

SSRIを服用した場合、セロトニンが脳内シナプスに存在するトランスポーターと呼ばれる部位に吸収されなくなり、一度放出されたものが減らなくなります。そうすると、脳内のセロトニン濃度がどんどんと上昇していき、セロトニンの減少によって発生していた気分の落ち込みといった症状が改善されていくのです。

SSRIの種類

SSRIと呼ばれる抗うつ薬には非常に沢山の製品が存在しています。各製品で使用されている成分の量や種類に違いが存在しており、そのことから使用した際にどういった作用機序で身体に対して作用するのか、そして使用した結果どういった現象が発生するのか、どういった副作用が発生するのか、といった非常に多くの点に違いがあるのです。SSRIによるうつ病治療を行いたい、でもどういった仕組みで効く薬なのかわからないと使うのが不安、そんな人は各薬の成分などについて知ってみましょう。

セルトラリン

初めに紹介するのはセルトラリンです。セルトラリンはジェイゾロフトというSSRIの有効成分として使用されている物質です。セルトラリンは人間の脳内に存在するセロトニンがセロトニントランスポーターという部位に再取込されてしまうのを阻害する、典型的なSSRIとしての働きをしてくれます。

脳内のセロトニン分泌量が減少してしまうと、神経伝達に対しての影響が発生し、気分の落ち込み等が発生します。その状態でトランスポーターに再取り込みをされてしまうと、脳内のセロトニンが不足した状態になってしまいます。しかしジェイゾロフトを使用し、セロトニンの再取り込みを阻害すると、脳内からセロトニンが減少しにくくなり、同時にセロトニンの分泌も発生することによって、徐々に脳内のセロトニン量が増加していくのです。そしてセロトニン量が増加していくことによって、うつ症状などが徐々に治まっていき、うつ病の治療などが可能となるのです。

フルボキサミン

フルボキサミンはSSRIの中でも特にうつ病などの症状を改善するのに効果が高いと言われている医薬品、デプロメールやルボックスの有効成分として使用されています。デプロメールやルボックスは1999年と比較的古い時代に作られ販売が開始したSSRIのため、今では他の治療薬を使用しているという人も多くいます。しかし古くから使用し続けられているということから、信頼性の高い薬として使用されることもあります。作用の仕組み時代は他のSSRIと同等のものになっていますが、副作用として吐き気や嘔吐の症状が強く現れやすいという難点があるため、使用の際には吐き気止めなどの医薬品との併用が推奨される場合もあります。

パロキセチン

パロキセチンはSSRIの中でも使用者が多い、パキシルという医薬品の有効成分です。パロキセチンは体内のセロトニン濃度を増加させる働きに特化しているという特徴があります。したがって、使用時の効果は他のSSRIと比べても高めと言われています。そして2012年よりジェネリック薬の製造が可能となっているため、多くの製薬会社がパロキセチンを使用したパキシルジェネリックを製造し、医療機関などでも処方が行われています。

難点として、パロキセチンを使用したSSRIは副作用が強く現れるという報告が多くあり、胃腸機能と性機能に障害が現れやすくなっています。そのため、使用する際には医師の指導を受けた上で、副作用等に対しての注意を払いながら使用する必要があると言われています。

エスシタロプラム

エスシタロプラムはレクサプロというSSRIの有効成分です。レクサプロは非常にバランスの取れたSSRIという評価を受けており、作用と副作用のバランスが非常に良く、身体に少ない負担でしっかりとした効果を発揮してくれます。

エスシタロプラムの特徴として、アロステリック作用という特殊な作用があります。SSRIを摂取すると、有効物質が脳内のセロトニントランスポーターに対して作用し、セロトニンの再取り込みを阻害します。エスシタロプラムも他のSSRIのようにセロトニントランスポーターに対して作用するのですが、エスシタロプラムはそれだけではなく、セロトニントランスポーターの構造を変化させる働きがあります。このセロトニントランスポーターの構造を変化させる働きのことをアロステリック作用と呼び、このアロステリック作用が発生することによって、セロトニンの再取り込み阻害作用が最長130時間ほど持続します。

フルオキセチン

フルオキセチンはプロザックというSSRIに使用される成分です。プロザックは日本国内での販売や処方に関する認可を受けていない未承認薬で、入手手段が非常に限られています。しかしプロザックは非常に優れたうつ病の治療効果が有るため、WHOの必須医薬品に指定されています。作用機序などに関しては一般的なSSRIと同等のものになっていますが、半減期は急性症状に対しては24~72時間、慢性症状に対しては96~144時間と、非常に長時間作用し続けるという特徴があります。また、プロザックを使用した動物実験の結果、SSRIを使用した際に発生する性欲の減衰という副作用がプロザックには無く、更に大脳皮質の神経細胞の再生促進作用があるのではないと言われています。

まとめ

うつ病や不安障害といった精神疾患の治療に用いる医薬品の1つにSSRIという種類の医薬品があります。SSRIは神経伝達物質であるセロトニンが脳に再取込されるのを阻害し、脳内のセロトニン濃度を上昇させることによって、セロトニンの減少が原因で発生する精神疾患を治療する効果があります。SSRIには非常に多くの製品が存在しており、製品ごとに使用されている成分、効果の現れ方、副作用として現れやすい症状、効果時間といった物が違っています。したがって、SSRIを使用する際には治療したい症状、回避したい副作用といった点、そして服用する薬の量やペースといった要素を配慮した上で、使用する治療薬の選択を行うのが非常に重要となります。

icon